ホーム>やまの葉のこだわり

やまの葉のこだわり

おそばへのこだわり

おそばについて

おそばについて やまの葉

当店は石臼挽きされた蕎麦粉を、長野県産と北海道産(時期によって変わります)は外二の割合(そば 10 : つなぎ 2)、福井県産は十割(つなぎ無し)にて毎朝打っています。
毎年の気候により品質が変わりますが、その年の良いものを仕入れるように心掛けております。
 

当店のそばつゆは、「冷そば」「温そば」で違います

 当店のそばつゆは、「冷そば」「温そば」で違います やまの葉

「かえし」はかつて「醤油5大生産地」の一つ、金沢・大野の「大野醤油」を使用し、「出汁」は厳選された本枯節、宗田節、鯖節、利尻昆布を使い分け、「冷そば」「温そば」それぞれの良さを引き出し、邪魔をしない名脇役としてご好評を戴いております。
当店では、コクがありながらも蕎麦をしっかりと引き立てる、最高のつゆをお出しいたします。

蕎麦はデリケートな食べ物です

蕎麦はデリケートな食べ物です

「温度」・「湿度」・「時間」で、大きく味・風味を変えます。

「温度」は高すぎては打った後の麺のコシが変わってしまい、
「湿度」が低すぎれば麺の表面に乾きが出て喉越しに影響する。
「時間」は短時間で打ってしまわないと、「温度」「湿度」の影響を多分に受けてしまう。

そんな環境との闘いには、職人の長年の技と勘がものを言います。
営業時間中にそばが終了した場合は、蕎麦打ちの実演が観られることもございます。

おそばへのこだわり 伸ばし中
おそばへのこだわり 調理中
おそばへのこだわり 天ざる

 

お店作りについて

店内は柱や壁に明るい色の素材を用いています。
「手打ちそば=高価」という敷居の高いイメージを払拭し、おそばを気軽に楽しんでもらいたいという思いを込めています。
カウンター10席、座敷16席で、子ども連れのファミリーや宴会でも気兼ねなく利用できる環境も整っています。

お店にいらしたお客様には、付かず離れず、自分の知り合いが来た時のような自然な触れあいを心がけております。

お店作りについて 内装1
お店作りについて 内装2
お店作りについて 内装3